アメリカでの子どもの予防接種

子育て

今日は子供たちの2回目のA型肝炎接種のため、El Camino(エル・カミノ)病院まで行ってきました。

我が家のプライマリードクター(主治医)は、日本語を話せる方が良いと思いEl Camino(エル・カミノ)病院のIwahashi Marc Alan先生にお願いしています。おそらく日系アメリカ人の方で、日本語で診察してくれますが英語混じり。雰囲気は完全にアメリカ人。うまく説明できませんが、日本人のお医者様ではあまり見かけない感じのフレンドリーさ(笑)。どんなに小さな事でも親身になって診てくださるので毎回感謝しています。

日本人の看護師さんも数名いてとても優しいのですが、ただ、前回3歳の長女の身長を測ってもらった際、手に持っていたペラペラの紙を頭に当て身長計のメモリを測っていました!!!(笑)病院なのに適当すぎる!!!!!さすがアメリカと苦笑。

予防接種は、州によって内容は少し異なるそうですが、カリフォルニア/日本の比較では、こちらではBCG(結核)と日本脳炎はなく、日本では任意とされているA型肝炎が定期接種。費用は保険でカバーされます。

我が子たちは昨年渡米し、9月にA型肝炎の1回目の接種を受け、半年経った今日が2回目だったのですが、なんと今日は長女は生まれて初めて予防接種で泣きませんでした!!!成長を感じて思わず感激してしまいました(涙)。次女もほぼ泣かず。2人ともグッジョブ!!

今日は待ち時間が長く、次女がとにかく騒ぎまくるので大変でした…ただ、2人ともよく頑張ったので、ご褒美にアイスクリームをあげました。Ben & Jerryの乳アレルギーの次女でも食べれるNon-dairyのアイスですが、今まで食べたNon-dairyアイスの中で一番美味しかったです♪疲れていたからそう感じただけかもしれませんが(笑)

まだまだ月曜日なのでビールを飲みたい気持ちをぐっと抑え、さっさと寝ようと思います。。。

子育て
Mariをフォローする
カリフォルニア備忘ログ

コメント