アメリカのオムツはテープタイプが主流!?

子育て

アメリカに引っ越してすぐ、近くのドラッグストアに買いに行ったのですが、パンツタイプ(はかせるタイプ)が一つも売っていない!!その時はたまたま品切れだった可能性もありますが、帰宅して調べてみると、どこのメーカーもテープタイプが主流であることがわかりました!

日本では、寝返りが始まりよく動くようになる頃にはテープからパンツタイプに切り替えるのが一般的ですよね。我が家の次女は既に1歳なので、オムツの取り替え中も動き回るの逃げ回る、、、パンツタイプでも履かせるのがやっとなのに、テープタイプなんてもっての外!そこでネットで探してみると、Pampers(パンパース)のパンツタイプ「cruiser 360°」シリーズを発見!Amazonで即購入!

日本のオムツは世界一と聞くので、アメリカのものは漏れやすく肌もかぶれやすいのかな〜と思っていましたが、日本のパンパースと同様の使用感!吸水性も良く、オムツかぶれもしません。これなら安心、とAmazonで定期購入することにしました。アメリカのオムツは日本より1.2〜5倍ほど高いですが、Amazonで定期購入すると5%安くなるのです!!

おしり拭きもパンパースにしていますが、オムツかぶれもなく、厚さや大きさもちょうど良いです。

渡米直後は色んなブランドを試しましたが、最終的にパンパースの「Sensitive」シリーズに辿り着きました。初めは、パンパースと並んでオムツブランドとして有名なHUGGIES(ハギーズ)を使用していましたが、Sensitiveタイプでさえもオムツかぶれがひどく娘には合いませんでした。

ハギーズはネットでみる限り日本人の方の口コミも良かったのですが、うちの娘はすぐに真っ赤になってしまいました。紙の厚みや水分量はちょうどよく使いやすかったのですが。

それにしてもアメリカのオムツは高い(泣)。長女は2歳半過ぎにトイトレをしましたが、次女はもっと早くにオムツを卒業してもらおうと思います!!!

子育て
Mariをフォローする
カリフォルニア備忘ログ

コメント