生木のクリスマスツリーに挑戦

生活

アメリカでは生木のクリスマスツリーを飾る家庭が多く、私の住むシリコンバレーでも11月中旬くらいからクリスマスツリーを売るTree Lotを街中でよく見かけるようになりました。我が家も生木にしたいな〜と思っていたのですが、夫がひどい鼻炎持ちなので迷っていたのと、娘が高熱を出したりとバタバタ、、、あっという間にクリスマス一週間前になってしまいました(笑)。ほんの数週間だし夫にはなんとか耐えてもらおうと、先週末に買いに行きました。

Tree lotは、もみの木を育てている農園や、普段は木花を扱う園芸店が専用スペースを設けて販売しています。我が家が今回行ったのはPalo Altoにある「SummerWinds Nursery」という園芸店。

裏に特設コーナーがあり、もみの木がずらり。どれも大人の身長よりも大きく立派。車のトランクに入らない場合は、車の屋根にロープで固定して積んで持ち帰ります。

ここでは「Nordmann Fir」と「Nobble Fir」の2種類が販売されており、一本あたり$100〜$69でした。ですが、クリスマス間近ということもあり、全て$39に割引されていました!我が家は色々あって直前になりましたが、一般的にはサンクスギビング終了後からツリーの準備を始めるようです。

我が家は赤ちゃんがいるのでクリスマス当日までに全てむしり取られそうだな…と思い、今年はキッチンカウンターにのる程度の小さなサイズの木にしました。ついでに、もみの木で作られたリースもゲット。

$25ほど。事前に友人から聞いていたのですが、このリースが臭かった(汗)何故…。

早速お家で装飾〜。3歳の娘がツリーの飾り付けをとても楽しみにしていたのでお任せしました♪まとまりない感じですが、それがまた可愛くて良いかなと思っています。オーナメントは可愛いものは既に売り切れ、なんだかすんごいシンプルに。

娘たちの成長に合わせて、毎年ツリーのサイズを少しずつ大きく、そしてオーナメントも少しずつ増やしていきたいな〜と思っています♪

生活
Mariをフォローする
カリフォルニア備忘ログ

コメント