2023 Daylight saving time(サマータイム)

生活

今日3月12日(日)の午前2時、時間が1時間先に進む「Daylight saving time」、いわゆる夏時間・サマータイムが始まりました。このDaylight saving timeは、直訳すると「日光節約時間」。文字通り、日の出時間が早まる春〜秋に、太陽の光(Daylight)を有効活用(saving)するための制度で、今年は11月5日(日)午前2時に終了します。

深夜2時に時計が2→3時に1時間進むので、朝が早く来ることになります。よって、今朝は家族全員寝坊。いつも7時前後には起きますが、今朝は8時過ぎでした(汗)。その後、全ての予定が1時間ずつずれ、娘のお昼寝の開始が2時半頃、夕方4時前に起こすも全く起きれません。完全に時差ボケ状態。

長女は、明日スクールがあり寝坊できないので昼寝はスキップ、夜早く寝かし時差ボケを治す作戦です。週末、お昼寝を嫌がる長女は喜んで黙々と工作をしていました。

このDaylight Saving、ハワイ州とアリゾナ州、及びグアムやプエルトルコなどいくつかの米国領土はDaylight saving timeを採用していないそうです。理由は色々とあるんでしょうが、例えば、ハワイでは年間を通じて日の出・日没の時間があまり変わらないからだそうです。

日本語では「サマータイム」と呼ばれていますが、アメリカで「Summer Time」は全く通じません!初めてサンフランシスコに住み語学学校に通っていた頃、英語でも「Summer Time」というのだと思い学校の授業で話したら先生に笑われてしまいました(汗)。

先週はまた嵐の到来でカリフォルニアらしい青空がなかなか見れていませんが、サマータイムも始まったしそろそろ雨季も終わるのかな〜。今年も太陽サンサンな夏時間を楽しみたいなと思います♪

生活
Mariをフォローする
カリフォルニア備忘ログ

コメント