アメリカのサツマイモ

生活

アメリカのスーパーでよく見る「Sweet Potato」。外皮は紫色なので、一見日本のサツマイモのようですが、実は別品種。中身はオレンジ色、水分量が多いためホクホク感は無く、甘さも控えめ、家族も私もあまり好みません…。

一般的に家庭では、スープやオーブンでグリルして食べたりするらしいです。私も過去にやってみましたが、正直イマイチでした。ただ、一度レストランで、フレンチフライに調理されているものを食べたことがありますが、ほんのり甘さがあってこれは美味しかったです!

外見はサツマイモなので何度か間違えて購入したこともあります。また、お店でも「Japanese Sweet Potato」として売っているのに、実際に購入して切ってみるとオレンジ色のお芋だったことも(泣)。それ以来、サツマイモは日系スーパーに行った時にのみ購入していました。

ですが、一昨日Whole Foodsに行くと、4種のSweet Potatoesの特設コーナーがあり、その内の1つが「Japanese Sweet Potato」!!それぞれのお芋の説明書きも。

今日は間違いなく本物のサツマイモをゲットできそうだ!と思い、一つ購入してみました。お値段は$2.49/1lb(453g)。日系スーパーでは日本からの輸入品が多く品質がイマイチなのですが、今回はカリフォルニア産で、かつオーガニック。期待大!早速自宅でカットしてみました…

見事正解!!!!日系スーパーのものは日本からの輸入品が多く、水分が抜けていたりと品質がイマイチですが、このサツマイモはカリフォルニア産だけあって、カットした断面も潤っていて状態が良いのがわかりました!

ちょうど先日娘のクラスメイトのお家に遊びに行った際に頂いたレモンがあったので、レモン煮にしてみました。

ちなみにこのレモン、なんと中身が緑色!グリーンレモン?とかいう品種らしいです。スッキリと爽やかな酸味でとても美味しかったです。

今回食べたサツマイモは、オーガニックなので安心して皮ごと食べれます♪一緒に並んでいた紫芋「Stokes Purple」も気になったので、次回トライしてみようかなと思います。

生活
Mariをフォローする
カリフォルニア備忘ログ

コメント