[カリフォルニア運転免許] 日本語での教習

生活

来週サンタクララのDMVで実技試験を控えているのですが、日本とはルールも異なる上に半年以上運転していないので正直かなりビビっています。そこで見つけたのが「Joy Driving School」という日本語での教習サービスを提供している自動車学校。

公式HP:http://www.joydrivingschool.net/

HPは少し簡素な感じですが、1983年から運営しているカリフォルニア州の認可を受けた信頼と実績のある自動車学校で、日本人向けの教習や実務試験への送迎・付添人サービスなどを提供しています。

私は今日の日中、教習120分/$140のコースを受けてきました。教官は日本語の話せる男性の方(おそらくJapanese Americanの方)で、自宅まで教習車で迎えにきてくれて、2時間後に自宅前で教習を終えました。

内容は、まず住宅街まで行き、信号のない道路で右左折や路肩への駐車の練習、その後、大きな道路に出て右左折や車線変更、駐車場での駐車の練習を行いました。教習車には日本のように助手席にアクセルとブレーキがついているので、教官が危険を感じた場合は操作してくれるようになっていました。

実際に受けてみた感想…

筆記試験にあたってハンドブックは読み込みましたが、それだけでは先行権などのルールを完璧に理解し運転するのは難しいんです。今日は、先にルールを説明してもらい、その後運転練習する流れで、運転中もルールを何度も説明し叩き込んでくれるので、頭と身体の両方でルールを理解することができました。

また、基本的には日本語での説明ですが、途中、英語で行き先の指示を出してくれます。DMVでの実務試験はもちろん英語なので、その点も実際の試験に近い形で練習できて良かったと思いました。

来週の実務試験当日も、付添人サービスをお願いしました。アメリカの運転免許の実務試験は、家族や友人に頼み自分で車を手配する必要があり、カリフォルニア州の運転免許を持った人の付き添いが必要なんです!!日本とは全く異なる方法なので、仮免許取得時に実務試験の内容を知らされた時、頭の中が?マークだらけ。他の日本人の方のブログを読んでやっと理解しました(汗)。この付添人サービスも120分/$140。自家用車でも可能ですが、教習車で試験を受けさせてくれます。

今日は危ういこともなく無事に教習を終えましたが、全身に力が入りすぎて明日は筋肉痛になりそうです(汗)。不安も多いですが、残り1週間で復習をしっかりし試験に臨みたいと思います!!!!

生活
Mariをフォローする
カリフォルニア備忘ログ

コメント