Palo Alto Junior Museum & Zoo

生活

今日は初めてPalo Alto(パロアルト)にあるJunior Museum & Zooに行ってきました。場所はPalo Altoのダウンタウンからほど近い住宅街の一角、Rinconada Park(リンコナーダ公園)の隣にあります。

入場は、10:00〜、12:30〜、14:30〜の3部構成。小学生以下向けの内容なので、どの家族もお昼寝タイムを避けるべく10:00の会に来場客が集中します。当日券もあるようですが、週末の10時の会は毎度売り切れているので事前にオンライン購入がベターです。料金は2歳以上/$10です。

以前行こうとした際は、数日前でもチケットが売り切れていて断念。最近はお天気が良いので博物館など屋内施設はあまり行っていなかったのですが、今週は乾季なのに珍しく雨続き。そこで、数日前にネットでチケットを見てみると空きがあったので購入〜。今日の10時の会に行ってきました。

施設は、屋内がミュージアム、屋外が動物園となっています。

まず室内。Science exhibitsで、子どもの興味を引く仕掛けのついた展示がいっぱい。こちらはBall Machineエリア。ゴルフボールをカラクリに入れて転がして遊ぶのですが、小さい子に大人気でした。

他には、キラキラの砂を回転盤に乗せて遊ぶおもちゃや、ミュージックコーナー。

ブロックや積み木で遊べるコーナーも。長女は、ブロックのコーナーがお気に入りだったようで、夫とひたすらお家を組み立てていました。

Zooエリアはこちら。鳥たちが飛んでいかないようネットが張られています。鳥や小動物を中心とした小さな動物園ですが、ツリーハウスがあったりミニ水族館があったり、小さい子が遊ぶには十分充実しています。

フラミンゴは至近距離でみることが出来、とても迫力がありました。塀が低いので飛び出てきそうで怖かった(汗)。飼育員さんが白い鳥に餌やりをしていました。

アライグマやミニ水族館。

階段を上がるとツリーハウスがあります。網の吊り橋が張られているのですが、下が透け透けで歩くのが怖い…ですが、娘たちは果敢にひょいひょい前に進んでいきます。途中、次女の足が網の隙間に入り込み、靴が下に落ちてしまうアクシデントもあったのですが、幸い下に人はおらずホッ。結構スリリングな体験が出来ました(汗)

亀やミーヤキャットもいたようなのですが、朝で眠かったのか巣にこもっていて会えませんでした。

他にはテラスもあり、晴れた日には軽食をとったり、ゆっくりできそうなスペースでした。

サンノゼの子供博物館よりははるかに規模は小さいので、2時間もいれば十分楽しむことができます。入場制限も設けられていて混みすぎていないのと、博物館と動物園を一度に楽しめる充実した施設でした。また、一人$10(2歳以下は無料)なので気軽に行けます。シリコンバレー周辺にお住まいの子連れファミリーにおすすめです。

生活
Mariをフォローする
カリフォルニア備忘ログ

コメント