長女の3歳の七五三 atサンフランシスコ曹洞寺

子育て

タイミングが合わず延期になっていた長女の七五三。すでに4歳になってしまいましたが(汗)、昨日無事七五三が出来ました!場所は、San FranciscoのJapantowen(ジャパンタウン)にある「桑港(Soko-ji, Soto Mission of San Francisco)」。1934年に建てられた曹洞宗のお寺で、七五三の他にも初詣や厄除け、お宮参りなどの祈祷会や坐禅会などを行なっているそう。

今年は11月11(土)と12(日)の2日間、1日3回七五三の祈祷会が設けられており、着付けや着物のレンタル、ヘアセット、記念写真撮影会などのサービスもありました。我が家は日本で購入していた着物を持参し、祈祷と着付けをお願いしました。

当日朝は着付けのため早めにお寺へ。受付では千歳飴や紙風船が入った千歳袋をもらいました。

続いて着付け。ただでさえ高身長で4歳には見えない長女、「7歳のお祝いかな〜?」と言われます(汗)。

その後、祈祷会まで時間があったのでジャパンタウンで撮影をすることに。慣れない着物と草履にすでに不機嫌な長女。疲れた〜!と座り込みます。「岩はやめて!破れるーーー!」と叫ぶ父母。

こちらはお寺の入り口。霧の多いサンフランシスコですが、この日は七五三にふさわしい綺麗な青空で、直前に慌てて購入したジャケットが要らないくらい暖かかったです。

そして祈祷会。日本では祈祷中の撮影へ基本NGですが、ここはサンフランシスコ。「写真や動画撮影はOKです。ハッシュタグつけてSNSに載せてくださいね〜!」と(笑)。

いよいよ祈祷が始まります。5名の神主さんのうち、2名がアメリカ人らしき外国人の方でした。祈祷会は20〜30分でしたが、次女は座っていられず立ったり座ったり歌ったり喋ったり…(汗)。長女は点呼の際、自分の名前が呼ばれるとちゃんと手を挙げられたし、祈祷中も終始いい子に座っていられました。最後に、ご利益があるとのそうで、頭に筆でちょんちょんと水をふってもらいました。

お赤飯とお守りも頂きました。お赤飯炊かなきゃかな〜帰りにニジヤで買おうかな〜なんて思っていたので助かりました。

これにて長女の3歳の七五三終了。来年は次女。次は日本で、両家のじぃじばぁばも呼んで賑やかに開催できたらいいな〜。

桑港寺の七五三は事前予約制で、今年は9月中旬に案内がありました。祈祷料は$100、レンタル+着付け$150、ヘアセット+メイク$125と価格も良心的です。サンフランシスコでの思い出作りにおすすめです♪

子育て
Mariをフォローする
カリフォルニア備忘ログ

コメント