[カリフォルニア運転免許]オンライン筆記試験〜仮免取得

生活

先日、重〜い腰を上げて運転免許取得に動き始めました。なぜ重いかって、運転免許センター「DMV」はアメリカで最も長い行列ができる場所として有名。5時間待ちなんてざら。その上、従業員も無愛想で怖いとか…。

ですが、子連れ、かつ、サウスベイで生活する以上車は必須!!避けては通れないと免許取得の手続きを開始したのですが、なんと、昨年からオンラインで筆記試験が受けられるようになっていました!これは超超超朗報!!

[オンライン申請〜オンライン筆記試験]

まずは、webにて必要事項を入力し、申請料金$41(クラスCの場合)を支払います。併せて必要書類もオンラインで提出し事前審査を受けます。

申請が完了するとDMVからオンライン試験(The Virtual Test Center )の案内メールが届きます。試験を受けられる時間は、平日午前8時〜午後4時まで。言語は日本語も選択することができるので、私は日本語で受験することに。事前に、日本語でのDMVハンドブックを読んだ上で、以下のサイトの問題集で勉強しました。

Rista Driving School:https://www.ristadrivingschool.com/practicetest/

サイトに掲載されている235問全て解き、完璧だ〜と思い込んでいたのですが、実際は問題集に入っていなかった問題も結構出てきます。3問まで問題をスキップできるのですが、あっという間に2問スキップしてしまい焦り出します(汗)。

一番困ったのが、日本語訳がかなり間違っていること!!!(泣) 英語で受けた方がマシだったかもしれないとも思いました…

終始ヒヤヒヤしましたが、無事一発で合格できました。オンラインで申請していますが、仮免の取得には実際にDMVに行く必要があるので、私は一番近いSanta Clara(サンタクララ)のDMVの予約を取ってから行きました。

[仮免(Instruction Permit)の取得]

予約当日。この日も行列ができていましたが、予約制度が導入されたためか聞いていたよりは短い列。私は予約を取っていたのですぐに中へ通してもらえました。が、前に並んでいたお姉さんは予約時間を25分過ぎてしまい「Too late!!」と女性従業員に怒鳴られ、予約なしの行列の最後尾に並ぶよう指示されていました。早速怖い…

仮免取得は、書類を提出し視力検査を済ませ、写真を撮ったら完了!所要時間は1時間ぴったりでした。私の書類担当のお姉さんは、なぜかパーカーのフードを深々とかぶっていて、噂通りぶっきらぼうで超超超怖かったです。ですが、最後に仮免をくれたお姉さんは、説明も丁寧で笑顔で優しかったです。「Congratulation!」と仮免の紙をくれました。

次は実技試験。日本では、初めて免許を取得する際は教習所に通って勉強・練習しますが、アメリカは家族や友人の車を借りて自主練するだけ(笑)。初めて聞いた時は信じられない気持ちでしたが、教習に通う手間がないのは嬉しい。さ、自主練頑張ります!!!

生活
Mariをフォローする
カリフォルニア備忘ログ

コメント

  1. Aiko Miyamura より:

    初めてコメントさせていただきます。オンライン受講ができるとありますが日程とかは決められないですよね? 

    • Mari より:

      オンラインの筆記試験ですが、事前予約などは必要なく、平日の決められた時間(確か8-17時くらいだったかと)のうち、好きな時間に受けることができましたよ!

  2. NAO より:

    初めまして。私もサンタクララで免許取得を考えているものです。
    DMVのシステムが変なのか、申込も全然スムーズじゃありませんし、オンラインで受けたらフリーズしたりエラーで3回中途退席になってしまい一度断念しました。Mariさんはそういうことはありませんでしたか?
    私も22年にサンタクララにやってきたのですがまだ取得できておらずずっと国際免許で運転しています…早く取得しなければ…

    • Mari より:

      NAOさん初めまして。私が受けた際はwebでの申請やテストはスムーズでした。ただ、私のパソコンが古いので一部表示エラーがあり、夫のパソコンを使ったりしましたよ!シリコンバレーは車がないと生活できないですからね。早く取得できることを願ってます!!